処女率は童貞の3倍低下

国立社会保障・人口問題研究所の出生動向基本調査に拠れば、処女率は大幅に下がっているが、童貞率は殆ど下がっていないという結果でした。
男女20代前半未婚者の性交経験の割合は、1987年には男性52.7%・女性31.9%だったが、2002年には男性60.1%・女性55.7%となりました。
他の年代も含めて、全般的には男性の方が性交経験率は高いようです。

しかしこれを「童貞率」・「処女率」という言葉で表せば、この15年間で童貞率は7.4%、処女率は23.8%、それぞれ低下した事になります。
つまり、童貞率と比べると、処女率は大幅に下がっています。

これまた、他の年代も同様です。 以下の表を見れば一目瞭然です。
性交経験率は男性が横ばい状態なのに対し、女性は調査年毎に上がっています。



この15年で処女率は、童貞率の3倍以上低下しました。
結論では処女の経験豊富な男性への、一極集中が進んでいます。


処女・童貞
top

(c)deaisite.biz