手術の跡について

一般的な包茎手術では冠状溝の近くに縫合部があるため、手術の跡が気になる人も中にはいるようです。
しかし、これを目立たないように工夫した手術方法もいくつか行われています。
例えば、冠状溝の近くに縫い目を作らないように、ペニスの根元のほうの皮膚を切除する手術です。

この手術法だと、縫合の跡は陰毛に隠れますが、一方で、色の違う包皮内板が普段から外に出てしまうことになります。
他の手術法では、逆に縫い目の位置をできるだけ亀頭部へのほうへ近づけるというものもありますが、こちらは環状切除術と方法は同じだといえるでしょう。

※環状切除 術手術の跡:縫い目を境に変色が目立ちます。


包茎OK
top

(c)deaisite.biz