自分で包皮をむく

包皮をむく。書くと簡単ですが、実際は痛みを伴う作業。
普段の会話では相談しづらいテーマだけに、マニュアル的なものが欲しいところです。
むき方の主なポイントとしては、毎日地道に回数を増やすこと(継続が大切です)、トラウマにならないよう無理はしないこと(あまり痛い思いをすると次から嫌になります)、手の指で丁寧に扱うこと(包皮をゆっくりずらしましょう)、常に清潔を心がけること(洗うことで中の皮膚も強くなります)、などが挙げられます。

手術なしで包茎を克服する方法(手術をしないで包茎ではなくなる方法の数々)現在インターネット上などでは、手術をせずに包茎を克服する器具の紹介・販売が盛んに行われていたりします。
ただ、どれにも共通していることは、マジックや手品などではなく、地道に手でむいていく作業と原理は変わらないということでしょう。毎日毎日手でむく作業が面倒だという人にはいいかもしれません。
しかし、器具でむこうが手でむこうが効果はいっしょですので、あくまで器具は手の代役にすぎないということは念頭においておきましょう。


包茎OK
top

(c)deaisite.biz