自分で出来る対処法

真性包茎と仮性包茎の違いは、包皮口の広さと、包皮が癒着しているか否かの2点に過ぎません。
よって真性包茎であっても、包皮口を広げることができ、包皮と亀頭部などの癒着をはがすことができれば、手術の必要なく仮性包茎になることは可能です。
(実際にこれで治している人もいます)

包皮口の広さや、癒着の度合いによりますが、自然治癒できる真性包茎もあるということを覚えておきましょう。
もし真性包茎で手術しようか悩んでいる人がいたら、しっかりした医師の説明を受けることをお勧めします。


包茎OK
top

(c)deaisite.biz