カントン包茎とは?

日本人男性の多数を占める仮性包茎と、数%に満たない真性包茎の、さらに中間に位置する包茎をカントン包茎と呼びます。
真性包茎と違い包皮をむいて亀頭部を露出することはできても、ノーマルな仮性包茎より包皮口が狭いため、思うように出し入れができない状態のことです。

血液やリンパ液の循環が悪くなるなどの理由から、程度によっては手術が必要だと判断する医者もいます。
しかし、考え方によっては、多くの小中高生男子がカントン包茎の過程を踏んでいるともいえますので、自然に解消する可能性もあるでしょう。

※カントン包茎は包皮を剥いたあと包皮口が小さいので皮が戻らなくなりますのでご注意を


包茎OK
top

(c)deaisite.biz