包茎の実情

包茎が多いと言われる日本人男性のちんちんは、大人になるまでの間にどういった過程をたどるのでしょうか?
通常、生まれたときから亀頭部が完全に露出している子供はいないし、手でむこうとしても冠状溝までむける子供はいないといわれています。

生まれたときは誰もが包茎なんですね。日本には割礼の習慣がないため、一般的な日本人男性のちんちんは、大人になるまでに自然な成長をたどることになります。
この段階で向ける人もいますし、そのままの人もいるということです。
ある医師が発表した論文に興味深い調査結果がありました。

むいても尿道口がほぼ見えない状態の子供は、1ヵ月児〜3ヵ月児だと9割近いのに対して、3歳児だと3〜4割に減少するのだそうです。
手術をしなくても大抵の人たちは仮性包茎までにはなるわけです。


包茎OK
top

(c)deaisite.biz