日本人の包茎

日本人の成人男性のうち一般的に約60〜70%(真性と仮性の混成率は未確認)が、多いデータでは80%近くが包茎だといわれています。
デリケートなテーマであるだけに正確な統計はないようですが、諸々のデータを考慮すると、だいたい3人に2人が包茎であると考えて間違いありません。
もちろん、早急に手術を要する真性包茎の人は1〜2%で、残りの大半は仮性包茎と呼ばれるものです。

もともと包茎の原因である包皮とは、幼い頃のペニスをバイ菌や刺激から守るための、いわば防御服のような役割を担っていたもの。
大人になって抵抗力がつくと、役目を終え自ずから身を引く仕組みだったようです。
それが自然に戻らない場合につまり「包茎」になるわけです。

ちなみに、日本人には外国のように割礼(性器の包皮を切除すること。幼少期に男子の陰茎包皮を切除する習慣を指すことが多いようです。)の習慣がないため、仮性包茎の症状が多いのは必然だとも考えられています。


包茎OK
top

(c)deaisite.biz