性的不感症の原因

性的な不感症の原因は、精神的な問題と神経生理学的な問題に分けられます。
両者が密接に関係して起こる場合もあります。
女性の場合は性的刺激で興奮しない・オーガズムに達しないものだと一般に言われています。
男性の場合は性的刺激に反応しない(勃起不全)や射精が行われない(極端な遅漏)といった問題です。

個人の価値観にもよりますが、性的興奮を催す対象は人により様々であることから、その人の性的嗜好にも絡んで、見当違いな刺激を与えている場合には、やはり興奮することができないようです。
自慰では達することができるが、性交渉では達することが出来ないというケースも報告されていますが、それらを不感症呼ばわりして欠陥のように扱ってしまうと、ストレスの元にもなるので、注意が必要です。

性的不感症は、当人にとっても、その相手にとっても、多大な精神的ストレスを与えやすいです。
さらに、これらのストレスが状態を悪化させる事もあるため、性急な解決を求めるのは逆効果です。
過剰に刺激して反応を引き出そうとするより、少し間を置いて気分転換を図ったり、焦らず時間を掛けて事に及んだりする事で、すんなり解決する事も多いようです。

なお女性のオーガズムに関しては、婦人雑誌などで行われたアンケート(『モア・リポート』(集英社)など)によれば過半数の性交においてオーガズムに達していないとする話もあり、一概にオーガズムに達していないからといって、不感症だとは言えません。
また男性においても、体位や射精にいたる興奮の度合いで達し方に明確な差異が見られます。
更にどちらの性別においても、性的な感覚は体調に影響されやすく、また精神状態には相手に対するイメージやムードといった要素にも影響されやすいようです。

愛撫を工夫するなど、新しい方法を試すのも一つの手段ではありますが、あまりムキになるのは逆効果なので程々にしたほうがいいかもしれません。
よい性交渉では、十分なスキンシップ(→後戯)も重要視される要素であり、必ずしもオーガズムに達することのみが目的とは言えません。


不感症
top

(c)deaisite.biz