アナルセックスのやり方

アナルセックスとは、一般にアナル(肛門)に性器を挿入することを言います。
アナル自体は末梢神経が集まり、感度が高いと言われていますが、直腸内部の快感のメカニズムははっきりと解明されていません。
また、女性によってアナルセックス時はアナルの入口が感じる人、奥が感じる人、Gスポットのちょうど裏側くらいが感じる人と、様々です。

アナルセックスはデリケートで、十分な知識が無いと危険ですし、女性が痛みを覚えるとアナルセックス嫌いになってしまう可能性が高いのです。
(アダルトグッズを挿入したり、指を挿入したり、浣腸をしたりといったバリエーションをすべて含めてアナルプレイとも言います。
直腸内は真っ直ぐではないので、指を挿入する場合はそのカーブに沿って指のピストンをゆっくり行います。
また、よくほぐさずに無理に太いものを入れると肛門括約筋が切れてしまう恐れがあるので無理は禁物です。

アナル用ローション
通常のローションよりも粘度が強力で、なかなか蒸発しにくく、殺菌作用もあるローションです。
アナルセックスやアナルプレイを行う時は必ず用意しましょう。
ローションの代わりに自分の唾液や愛液などで代用するのはやめましょう。
唾液や通常のローションなどはすぐに乾くので腸内を傷つける恐れがあります。

コンドーム
アナルセックスをする時には必ずコンドームを着けましょう。
腸の中には色々な菌がいっぱいです。
また、一度アナルに挿入したら必ず挿入したコンドームを外し、新しいコンドームに取り替えてから女性器に挿入するようにしましょう。
まず、いきなりアナル挿入するのではなく、完全に閉じているアナルをほぐしてやわらかくする作業が必要です。
肛門にローションを垂らし、指でマッサージします。
この時、指にもコンドームを装着しておきます。
ツメで腸内を傷つけるのを防ぐためです。
そして、人差し指で肛門の中心をとつつくようにします。
数回つつくごとに徐々にアナルに指を埋めていきます。
まずはツメの半分くらいを埋めます。
ツメが半分くらい入ったら指をゆっくり上下に動かし、肛門まわりをほぐします。
そして、それを数回繰り返した後、今度はツメ全てが埋まるくらいまで挿入し、同じように上下にゆっくり動かしてほぐします。
アナルセックスにおいてここが最も重要な部分とも言えます。
ここで焦って先を急ぐと女性は痛みを覚えてアナルセックス嫌いになりかねません。
ゆっくると徐々に慣らしてゆきましょう。
同じ要領で人差し指を徐々に深く入れてゆき、指の根元近くまで入ると、すぐに出し入れせず挿入したまま腸の中で指を上下にゆっくりと動かしたりして反応を見てみます。
この時、ピンクローターをクリトリスに当ててあげるとアナルへだけ集中していた意識がクリトリスに向くので、その間にゆっくりと指を出し入れします。
差し指1本が入り、ゆっくりとピストン運動ができるようになれば、次に指を2本にします。
この時、挿入する指は上下に重ねるような位置で挿入します。
そして、少し入れては指を上下に動かしつつほぐしていきます。
これは人差し指1本を挿入するときと同じ要領です。

ここまでくればアナルセックスをするのに受け入れられるくらいにアナルが拡張されています。

そして、上下に重ねた指2本がすっぽり入り、十分に肛門がほぐれたら、重ねていた指を横並びの普通の状態に戻します。
相手がアナルセックス初心者であればアナルプレイに馴れていないので、ここまで説明してきた拡張法を最低1時間はかけてゆっくりと広げてゆくようにしましょう。
焦って速度を速めて痛みを感じさせないように頑張ってください。
また、マッサージをやめて15分位すればアナルは元に戻ってしまうので、プレイのたびにマッサージは必要です。
ただ、アナルセックスをやり慣れてくれば女性のアナルはやわらかくなり、マッサージの時間は短くて済むようになります。

アナルセックス本番
きっちりコンドームを装着して、ローションを多めにつけます。
できれば、ローションを浣腸のように腸内に直接送り込むのがベストです。
アナルセックス挿入時の体位は四つん這いになって頭を落として脚を肩幅くらいに開くのがおすすめです。

そして、アナルにペニスを押し付けながらゆっくりと埋めていきます。
最初は、根元まで埋め終わるとすぐにピストン運動をせず、ローターをクリトリスに当てたりして他の部分に女性の意識を向けさせます。
そして、徐々にゆっくりとピストン運動をします。
ピストン運動は必ずゆっくりと行ってください。

ペニスを挿入してピストン運動ができるようになると、体位をいろいろ試してみましょう。
おすすめは正常位で、クリトリスにローターを当て、女性器に指を挿入し、膣壁越しに自分のペニスを指で押さえつつ、ゆっくりピストン運動をするパターンです。


前向きアナル
top

(c)deaisite.biz