アナルは性感帯?

アナルへの刺激は性器への刺激に負けるとも劣らない高い快感をもたらしてくれる場所です。(排便の快感)

アナルセックスは女性へ高い快感を与えるのに欠かせない”性器”です。

まず軽く指を入れてみてください。
大体、人差し指で第一関節まで挿入できるようであれば、第二段階へ進んでください。

第一段階
アナルの性感帯を女性自身(身体)が記憶してない状態
この状態では、挿入はもちろんのこと、指攻め・舌攻めも快感と思えない状態。

第二段階
多少の刺激(舌での愛撫・入り口付近の指での愛撫。)は感じるが、挿入(指なども含める)では、快楽を感じることができない。

第三段階
指での挿入は感じるが、それ以上の太さの物は快感より痛みが閉める。

第四段階
指以上の太さのものでも快感を得ることができるようになってきてはいるが、「多少の痛み」を伴う。

第五段階
アナルセックスも可能な状態。
どんどん快感を与えて、性感帯(アナル)をよりよく開発させていきましょう。

第二段階は、まずは、第一関節まで挿入した指を、軽く動かしてみる。この状態で、快感を得られるようであれば、更に第二関節まで挿入し同じように指を軽く曲げながら、刺激を与えてみる。
その状態でも快感を得られるようであれば、更に挿入をしその後、軽めのピストン運動を快感として受けられるようなら、第三段階へ第三段階ではパイプ(指全体で丸を)を描くように刺激を与えてみる。
これで感じるようであれば更にもう一本指を入れてみて同じ作業を繰り返して見る。
この状態で感じるようであれば、もう一本指を挿入し「第三段階と同じ確認」を行ってみる。
(ここまでくれば、女性もかなりの快感を得られるようになっているが、焦りは禁物)この状態でも痛みを受けるようでなければ、第四段階へ。

第四段階は挿入した二本の指でピストン運動を行ってみたり、第二関節を40度ほど曲げる。
それでも拒否なく快感を受けるようであれば合格です。
第五段階へすなわち、アナルセックスが可能な状態と言えるでしょう。



前向きアナル
top

(c)deaisite.biz