締まりの良い名器(3)

イメージトレーニング:吸い込む
1.膣口から水を吸い上げる人間ポンプになったイメージで、実際に水がヘソの方まで上に吸い上げられていくイメージを思い描きます。

2.小石の多場所に尻をつけて座っている自分を心象風景として描きます。
まず膣口から小石を一つくわえ込み、それを子宮の方に向かって膣壁の蠕動運動で、すなわち膣壁を収縮・拡張させることによって、送り込むことをイメージします。

3.さらに具体的なイメージとしては、巨大なペニスが子宮に届きそうなほど奥まで挿入されているイメージを心に描きます。
痛いので膣を緩めます。しかし徐々に気持ちが良くなってきたので、硬直したペニスの感触を楽しむために膣壁を収縮させてペニスをしっかりと包み込みます。
さらに味が良くなってきて、フェラチオの要領でリズムをつけてペニスを吸い込みます。

指を入れて練習
1.上記のイメージトレーニングを膣に何も入れずに実行してみます。

2.次に膣口から指を入れて、同様にイメージトレーニングします。

3.最初は、指の付け根だけが締め付けられるだけかもしれません。

4.上達すると、指全体に膣壁の圧力を感じることができるようになります。
膣壁が細く収縮して指をしっかりとくわえ込んだ状態になれば合格です。

5.さらに、膣壁が締めたり緩めたりしながら、くわえ込んだ指にリズミカルに圧力を加えることができるようになれば、名器の完成です。

(注意)PC筋以外の筋肉を緊張させないように気をつけます。
腹の筋肉、尻の筋肉、脚の筋肉などに力を入れてはいけません。

実際にペニスを挿入して実践
パートナーの男性のペニスを挿入して、上記のイメージで膣壁全体を細めたり緩めたりします。
ペニスにピタッと張り付いた状態の膣壁が蠕動しながらこれを「吸い込む」感覚を与えることができるまで、パートナーの男性は励ましながら協力してやります。


楽しいH
top

(c)deaisite.biz