締まりの良い名器(2)

挿入されたペニスにネットリと「まつわりつく」ような女性器
生まれつき膣壁を上手に収縮させることができる才能のある女性もいれば、そうでない女性もいます。
しかし、産後でゆるみのきている女性や膣壁コントロールの下手な女性でも、エクササイズすることによって味のよい名器に改造することが可能です。

イメージトレーニング:締める
膣の中に指を入れます。膣壁で挿入された指を締め付けてみましょう。
うまくいかなかったら、それこそケーゲルエクササイズでよく言われる「おしっこを途中で止める」感触を思い出して実行してみます。

イメージトレーニング:握る
膣口で指にある程度の圧力を加えることができたら、今度は膣壁全体で指をジンワリと握る訓練に移ります。
ケーゲルエクササイズではこれに有効とされるイメージトレーニングの方法がいくつか提唱されています。

1.エレベーターを思い浮かべる:膣がエレベーターのシャフト(昇降路)で、エレベーターの箱が膣口に停まっていることを思い浮かべます。このエレベーターの箱がヘソの方に向かって膣壁を上昇してくることをイメージします。
3秒から4秒でエレベーターが子宮口に到着します。
今度は、ゆっくりとPC筋を緩めてエレベーターが膣口まで下りていくイメージです。これを繰り返します。

2.恥骨と尾骨の距離が近づいて狭まってくるイメージを頭に描きます。
女性器が押しつぶされて細くなるイメージです。

3.タンポンが外れそうになってしまったので、それを落とすまいとして膣全体でタンポンを握っているイメージで膣壁を細く締めます。


楽しいH
top

(c)deaisite.biz