リズム

規則正しいリズムで続ける
「一定の規則正しいリズム」が女性を絶頂に追いつめるカギとなります。
(まず相手の心拍数に合わせる)

セックスは音楽に似たところがあります。
リズムがメチャクチャの曲で踊ることはできません。
同様に、心地よいリズムを伴わないピストン運動では女性が快感を得ることはできません。
一定のリズムで責められ続けることは気持ちよく踊っているのと同じような快感を女性に与えます。
そして徐々に興奮が高まってくると、もっと速く、速く、という「お願い」が始まるわけです。

基本はペニスの抜き差しに「ブレない」規則正しいリズムをつけることです。
もちろん、アドリブ的に強弱の味付けを加えることは女性をじらす効果があるので大変有効です。
しかし、メリハリを効かせて強弱をつけながらも基本のリズムに戻ることが必要です。

「一定のリズム」でピストン運動をすることは簡単なことではありません。
うっかりすると男性が先にイキそうになってしまいます。
また、下手な人の打つ太鼓のリズムと同じように、油断すると元のリズムとは違った間隔、速度で抜き差しをしていたりします。

音楽と同様に、決まったリズムは快感につながるのです。
イメージとしては、自分が機械になったつもりで女性を責め続けると上手くいきます。
実際、女性が機械的な刺激(例えばバイブレーターやSybian)によって絶頂感を味わうことができるという事実も「狂わない一定のリズム」で女性器を刺激し続けることの大切さを証明しています。

一定のリズムで責め続けることによって女性をクライマックスへと追いつめていきます。
女性が登り詰めて絶頂の寸前になったら、思い切り腰を使って、速いリズムでオーガズムまで導き、イカせてやります。


楽しいH
top

(c)deaisite.biz